CLOSE
お客様の声

お客様の声

「ウチの間取りが最強です!」

生野区巽西2丁目 Y様 2018.5.13

巽西再撮影0603_180603_0001

お引越しが済んで1年が経過しましたが、、、

今川:実際にお住まいになって、
NICOのお家はいかがでしょうか?
はじまりは、モデルハウスのオープンハウスを
ご見学にご来場されたかと。

Y様:そうなんです。
以前から家探しは考えていたのですが、
きっかけは本当に、
散歩がてら見つけたようなもので。

今川:お家探しを考え出したきっかけとは
何だったんですか?

Y様:最も大きな理由は、
子どもが産まれたことですかね。
以前は1LDKの賃貸マンションに
住んでいたんですが、
家族が増えると部屋がまったく足りなくて。
早く決断した方がいいな、
とは思っていたのですが。

IMG_8342

今川: そうしてご覧頂いた、
NICOのモデルハウスの印象はいかがでした?

Y様「ひとつひとつが可愛いな」
というのが第一印象でした。
小技が効いているというか、
細かなところまで家つくりをしているなと感じました。
床材の色ひとつ取っても、おしゃれな色合いで。
実は、最初に見たモデルハウスの床材を、
我が家でも取り入れたんですよね。
至る所に、他社さんにはないような工夫がありましたね。

今川: 確かに、あのモデルハウスも
このホワイトのオーク調デザインでしたね!

Y様: それに、リビングの「ノッポ扉」。
天井まで高くつくられた扉も
今までには見たことがなくて、
非常に印象的でした。
ありきたりな住宅ばかりを見てきたので、
好印象だったのを覚えています。

_MG_8906-3

今川: その際に、
モデルハウスで対応させて頂いたスタッフが、
お引き渡しまでサポートさせて頂いたのですが、
率直に伺います。
第一印象は?

Y様:若いスタッフさんだなと。
初々しさを感じました。
私も営業職をしていまして、
新人は頼りない部分があって
当たり前だと思っていました。
それを補うような、
私たち家族を想ってくれているストレートな気持ちが、
連絡の頻度や声を聞いて伝わってきました。
他人事ではなく私たち家族のことを想って
対応してくれているのだと感じれる。
彼が担当スタッフさんで本当に良かったと、
1年経った今でも思っています。

今川:そんなお声を頂いて、
私も本当に嬉しく思います。
ありがとうございます。

Y様:彼も、今では
たくさんのお客さんに認められていると聞き、
親心に似た、嬉しい気持ちでいっぱいです。

今川:そんな幸せな彼と、
女性設計スタッフが2人体制で
サポートさせて頂いたのですが、
彼女の印象はいかがでした?

Y様:ベストな間取りの提案を頂いた。ですかね。
今、住んでいるお家は彼女が提案してくれた図面を
元に建築されています。
1年も住んでいて、
「あぁすれば良かった、こうしていれば」
と思うことがほとんどありません。
住んだあとのことまで考えて
設計してくれた証拠ですよね。

IMG_8348

今川:1年もお住まいになったのであれば、
お家の隅から隅まで使われていますよね?
お打ち合わせ時との、
違和感やギャップはありましたか?

Y様:それがほとんどないんですよね。
細かな箇所のフォローも担当の彼が
迅速に対応してくれています。
違和感やギャップは極めて少ないですね。

今川:続いて、お邪魔させて頂いている
このお家の間取りや外観についてお伺いします。
まず、最大のポイント。
1階にLDKを配置した、贅沢な間取りですよね!

Y様: 敷地面積が大きくないと出来ないんですよね?
ここは、私たちが1番こだわったポイントですね。
人と人が接せるお家に、
家族が集まるようなリビングにしたかった。
子どもの友達が遊びに来ても顔が見える暮らし。
そのためには、
譲らなければならない条件も
あると覚悟もしていました。

今川: お家探しで、
最も重要視されたポイントですね。
差し支えなければお聞かせ下さい。
重要視しなかったポイントとは?

Y様:我が家は、車に乗って生活することが多いので
駅からの距離は重要視しませんでした。
実家や職場からも近いこの家は、
駅距離で選択肢を狭めなかったことで
見つけられたお家です。

_MG_8853

今川: 例えば、お友達やお客さんが訪れた際に、
注目されるポイントは?

Y様:やはりこのリビングですよね。
広い、更に広く感じれると
皆さん口を揃えて仰って頂いてます。
まさに、思惑通り。
といった感じでしょうか。(笑)

今川:そんな思惑通りのお家の間取りや設計は、
ご夫婦どちらが主体となってお決めになったのですか?

Y様:特別どちらが決めたということはなく、
私たちのたくさんの意見をプロの設計士さんが
纏めてくれたような進め方でしたね。
「こんな暮らしがしたい」を
「それでは、こういった方法は?」と
アイデアをたくさん頂きました。

今川:条件を伝えて頂き、設計士が形にした。
そんなお打ち合わせだったのですね。
間取りに続いて、外観についてお伺いしたいのですが。
青と白のツートーン。
珍しい、上に奇麗に映えていますよね!

Y様:今でも気に入っていますね。
お家を探し始めた頃から、
青いお家って素敵なんだろうな。
とは考えていました。
けど、周りを見渡してもなかなか無くて。

_MG_8878

今川:今この、HPの『Voice』をご覧の方は、
まだお家を探していたり、
現在、お家つくりの真っ最中のご家族だったりします。
お打ち合わせ時にイメージしたお家と、
完成後のお家のギャップに不安を抱えてらっしゃる方も
非常に多いのが実際のところ。
完成後の感想はいかがでしたか?

Y様:イメージ通り。
いや、想定を超えたな!と感じましたよ。
青い壁面に、白いタイル。
色のバランスが想像以上でした!

今川:コツ。のようなものはありますか?

Y様:まだ見たことがないモデルハウスもそうですが、
他のお家を見て回ることですね。
そうすると、
意識しだしてついつい
他所様のお家を見てしまいますね。
その感想やアイデアを、
よく担当のお二人に話していましたね。
本当にその打ち合わせが楽しかったんです。
懐かしいな。

今川:こうして、今回1年経ったあとの
お声を頂く席を頂戴しましたが、
そのオファーの連絡で
懐かしさを感じて頂けましたか?

Y様:いや、しょっちゅう連絡を頂いていますよ?
「お変わりないですか?」とか
子どもの誕生日に絵本を持って来てくれたり、
「教えてもらった、あそこのラーメン食べに行きました!」とか。(笑)
気にかけてくれているのが、伝わってきました。
そんな連絡は、本当に嬉しいもんですよ。

今川:担当スタッフも、お家も、
本当に気に入って住んで頂いているんですね。
実際に、そんな生のお声を聞かせて頂き
こんな嬉しいことはありません。

Y様:そうですね、お家に関しても住み心地が良く
新しい生活を満喫しています。
友達にも胸を張って
ウチの間取りが最強だ!
なんて大見得を切っています。(笑)

_MG_8922

今川:ありがとうございます!
それでは最後に、
これからお家を探そうか、そろそろお家を建築しようか。
とお思いのご家族に、
アドバイスのようなメッセージはありますか?

Y様:実は、
私もここのOBさんの声をHPで拝見していました。
ラビーズホームさんは、
「こうした方がいいと思うけど、まぁいいか。」など
他人事のような面はありませんでした。
「私なら、僕ならこうします」と、
本当に自分たちの家を建てるようにサポートして頂けました。

打ち合わせの席で、何度も直面した課題に、
「なんでも出来ます」といった軽薄な感じはなく
「Yさんご家族が本当に叶えたいことはなんですか?」
と何度も何度も聞いてくれました。
絶対に譲りたくない、優先ポイント。
ふわっと希望している、出来たらいいなというポイント。
その優先順位を話し合う場が打ち合わせでした。
プラスαの提案で不安感のギャップを埋めることができます。

家族の意見をラビーズホームさんにすべて伝えて下さい。
曖昧な希望や、心に引っかかっているが実は叶えたいこと。
その決断をする、背中を押してくれました。
ラビーズホームさんといっしょに、
自分たち家族の「本当の理想のお家」を建てて下さい。

_MG_8932

今川:これまでも、これからも、よろしくお願いします。
以上で、インタビューを終了します。
私は今回ほど、嬉しいお声を聞いたことがありません。
本当にありがとうございました!

0120-966-412 営業時間 9:30 ~ 20:00
トップへ